Sponcored Link

年収倍増計画19 スロットしながら年収2倍!? 不自由さ、不愉快さからの脱却がアナタを成長させる話

バキ画像

いや、男も女も自分磨き!してほしいけどね!!

人間死ぬまで勉強とはよく言ったもので、
ホントにそう思う。

いつも読んでいただきありがとうございます!
よければ下のプッシュボタンをワンプッシュいただけると
ブログの順位が上がってとっても嬉しいです!
応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

さて、

久しぶりの年収倍増計画の記事です。

前回の濃い記事はこちらから↓
年収倍増計画18 スロットしながら年収2倍!? 成長する人としない人の決定的な違いとは!?

最近ちょっと下ネタ寄りの記事が多かったので、
マジメ寄りで書きます。

今回のテーマは

【不自由さ、不愉快さからの脱却がアナタを成長させる】

ということ。

どんな職場にも一人はこんなこと
言ってる人がいると思う。

「もうこんなとこ辞めたいよー」
「上司まじむかつく、やってらんねー」
「もっとボーナスでないかなー・・・」
「こんな低い給与でやっていけない」
「この会社にいて、未来はあるのだろうか・・・」

アナタも一度は口にしたことがあるかもしれない。

俺は思う。

じゃあそこ、辞めればいいんじゃない?

ワンピ画像

度合いにもよるかもしれないが、
イヤなら辞めればいい。

良い環境を求めるのは自然で、
当たり前のこと。

特にアメリカなんかだと、
転職を重ねて自分をブラッシュアップしていくのは
当たり前で、評価も上がる。

「ここは日本だ」

と思ったらもうそれは視野が狭くなってる証拠で、
見直さなければならない。

別に文句や愚痴を言いながら、ストレスを貯めながら、
その場にいて、一生を終えるのはアナタの自由だ。

しかし、現状に満足していないのなら!

今の自分自身と、環境に満足していないのなら!

上記のようなセリフを吐いて(思って)しまうのなら!

それは【チャンス】だ。

ジョジョ画像

そんな不自由さ、不愉快さ、
変えてしまえばいい。

不自由さから抜け出そうといろいろと動く。

例えば
転職サイトを見てまた面接を受けたり、
知り合いに良い条件の仕事はないか聞いてみたり、
自分で会社を興せないか試行錯誤する。

その過程というのは必ず自分の力に変わる。

人は満足してしまったらそこで終わりだ。

良くも悪くも。

俺の経験を少し話そう。

昔アミューズメント系の会社にいた頃、
複数店舗の統括店長をしていた。

けっこうブラックな会社で、
俺は統轄店長という肩書はあれど、
社員は俺一人、あとはバイトが50人くらいで
複数の店舗を運営という状況だった。

しかもそのうちの1店舗が24時間営業の店だった。

好きな業種だったので、最初のころは多少キツイ業務が
あっても問題なかったが、だんだんと統括する店舗が増え、
バイトが倍々に増え、一気に負担があがった。

それでも社員が増えることはなかった。

昼と夜の感覚がなくなり、バイト50人からは
毎日のように様々な報告があり、
時には休日の早朝5時にお客様からクレームの電話対応。

死にそうで自殺も考えた。

苦悩画像

しかし、苦労の甲斐もあって、
各店舗の売り上げは素晴らしいものになり、
会社に多額の利益がでた。

しかし・・・

ボーナスは一円たりとも出なかった。

給与は5000円しか上がらなかった。

会社に毎月100万円以上の純利益を各店舗出しても
この扱いか・・・

そう思った俺は2ヵ月後に辞めた。

辞めた俺は次の職場のあてはなかったのだが、
いろんな人に相談しているうちに、
一人の社長さんと知り合い、
その会社の幹部にいきなりなることができた。

地位も、環境も、お金も
いきなり増えた。

海沿いの家画像

過去の実績を評価されてのものだった。

正直、あのままアミューズメントの会社にいたままだったなら、
本当に自殺していたと思う。

まぁ俺の例は過酷な例だが、
もっと早く見切りをつけてもいいと思う。

チャンスは自分から取りにいくものだ。

一番怖いのは今のままの状況で、
不自由なまま、
不愉快なまま、
アナタの人生が進んでいってしまうことだ。

求めれば自分の成長も富も手に入る。

それを頭に入れて行動に移して欲しい・・・!

このワンプッシュが不自由さからの脱却につながる!かも↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

    

前後の記事

次の記事: »

前の記事:«


Sponcored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

逆アクセスランキング

↓ポチっとブログ応援お願いします!↓

PVアクセスランキング にほんブログ村

このページの先頭へ

アクセスランキング