Sponcored Link

自己紹介26 年収1000万円とベンツにつられてマッサージ師の過酷な修行をした話5

ジョジョ画像

前回までのあらすじ
年収1000万円稼げるというマッサージ師の仕事の誘いを快諾したらんまる。その時勤めていたパチ屋にも辞める話をし、順調に進んでいたのだが・・・

前回まではこちら↓
自己紹介25 年収1000万円とベンツにつられてマッサージ師の過酷な修行をした話4

「まずは年収1000万円の男になる」

さらに「ベンツやフェラーリに乗れるような男になる」

そう決意したはいいものの、
そこに至るまでの道のりはそんな簡単なものではなく、
きっと乗り越えなければいけない壁がいくつもあるのだろう。

でも!俺はやってやる!
ヤル時はヤル男、らんまるです。

そして実はらんまる、ここから先、数年間はパチンコ、スロットを
全く打たなくなります。

時はAT機の全盛期、初代ミリオンゴッドや、
旋風の用心棒、初代サラリーマン金太郎が、
ぶいぶい言わせてる中、それらを打ちたい誘惑に負けないくらいの
気持ちが本当にあったのだ。

逆に言うと、それくらい牧野さんのカリスマ性と、
今回の話は魅力的だった。

人生で成功者というものに逢ったことがなかったので、
そのインパクトは強烈に脳に焼き付けられていたのだろう・・・。

何回も言うようだが、洗脳せれてしまう人はきっとこんな感じだ笑

パチ屋をやめる当日、上司の方達に
豪勢な料理をご馳走になり、さらに数日後には
バイトの子達も含めて送別会を開いてくれた。

辞めてからは2週間ほどの有給休暇を消化し、
しばしの休息を取るのと同時に、
引っ越しの準備もはじめていた。

稼げるマッサージ師になるためには、
まず「修行」をしなければならない。

流れとしては、

1年半~3年間の修行

インターンとして現場に入り患者さんと接する

一人で店を任せられる

分院長として独立

こんな感じだ。

それで、その修行というのが、
牧野さんや他の「弟子」と生活を共にしながら、
成功理論とマッサージの技術を学びつつ、さらに
バイトをこなし、バイト後に他の「弟子」達と共に
集まってマッサージをさらに学ぶ、というもの。

いきなり見知らぬ人達との共同生活、
少ない睡眠時間での過酷なマッサージの練習。

今考えるとほんとに地獄のようだ笑

その地獄に飛び込むために、
引っ越しをしなくてはならなかったのだ。

当時住んでいた埼玉から東京都内へ民族大移動。

牧野さんの一番弟子という田中さんともすぐ仲良くなり、
他の弟子の方達も協力的で、引っ越しなども手伝ってくれた。

このマッサージ師の間は、何回か引っ越しをすることに
なるのだが、最初の牧野さん宅に住み込んでいるうちはまだ
待遇?というか環境がよかった。

次に引っ越した寮のようなところで、
地獄の生活が加速する・・・!

つづく

また明日ね

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます!
よければ下の「すろにゃん」を1クリックしていただけると
ブログの順位が上がってとっても嬉しいです!
応援お願いします!
↓すろにゃんをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓こっちのにゃんこもポチッと↓

人気ブログランキングへ

    

前後の記事

次の記事: »

前の記事:«


Sponcored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

逆アクセスランキング

↓ポチっとブログ応援お願いします!↓

PVアクセスランキング にほんブログ村

このページの先頭へ

アクセスランキング