Sponcored Link

乗り打ち稼働 乗り打ちのルールと乗り打ちに適した相方とは!?前編

お金画像

今月は残念ながらお互いの予定が合わず、
乗り打ちに行く機会がないのだが、いろんな乗り打ちのルールなどあるのかなと
思ったので、稼働前に私と相方の場合をご紹介したい。

まず乗り打ちってなんぞや?という人もいるかもしれないので、
乗り打ちの定義から。

ノリ打ちとは-
複数人で組織的にパチンコ・スロットを打つことで、
使う金額や回収した金額をそれぞれが負担、分配し、基本的には全員で均等に分けるものです。
※ノリ打ちの“ノリ”とは、企画に乗っかって打つ→乗る→ノリ、ときているようです。

私のブログではなんとなく「ノリ打ち」と表記するのが嫌なので、
乗り打ち」と表記します。笑

すごく簡単に言うと、乗り打ちは、

みんな(2人以上)で打って、みんなで出して、みんなで分け合って楽しくガッポガッポじゃーウハハ、
自分が負けても誰かが勝てばいいんじゃーウハハハ、

って感じです。
エウレカ画像

乗り打ちにはメリット、デメリットがいくつかあります。

≪メリット≫
・みんなで打つから楽しい(一喜一憂)
・トータルで勝利したときの達成感がある(絆が深まる)
・高設定台を複数抑えられる可能性が高まる
・自分のマイナスを仲間が補ってくれる

≪デメリット≫
・トータルで負けたときの落ち込みが大きくなる
・仲間に金銭面でごまかされる可能性がある(最悪決別)
・高設定台を誰もつかめないと収支が悲惨なことになる
・自分のプラスで仲間のマイナスを補う可能性がある
・いろいろ細かい取り決め(ルール)を作っておく必要がある(揉めるのを防ぐため)

勝つとすごく良いのですが、負けると険悪なムードにもなる
諸刃の剣が乗り打ちですね。笑

天国と地獄というか・・・
天国の場合は全員が高設定ツモ!!お祭り状態でウハウハ!
地獄の場合は全員が低設定ツモ!!お通夜状態でシクシク・・・

とは言え、メリットが最大限作用するように作戦を練って動けば
大きなプラスになるので私は好きですね。

仲間とその作戦を練るのも乗り打ちの楽しい時間の一つですから。
ワンピース画像

私と相方のルールはこちらですので、
これから乗り打ちやってみようかなーって人は参考にしてください。(二人の場合)

≪ルール≫
1 稼働ホール、稼働台は二人で決める(スロット、パチンコどちらでもOK)
2 移動する場合は相方と相談して決める
3 各自小役カウンター持参
4 30分ごとに互いの状況を報告&ホール内巡回(台のチェックなど)
5 高設定確定演出が出たら報告等なしでぶん回す
6 投資金額の取り決めはなし
7 投資金額にかかわらず単純に出玉を折半する
8 自分が負けていて、相方が高設定確定した場合、打たずに待機するのもあり
9 投資金額が5万円を超え負けた場合先に帰宅してもよい
10相方が先に帰宅した場合、残った人は結果を写メで送り後日清算する

賛否両論あるでしょうが、私と相方はこのルールでやっています。

まぁ信頼がないと絶対に無理でしょうね。笑

特に7~10は信頼関係築かないうちは無理なので、真似される方は特に慎重にやってください。

私が相方を「こいつ信頼できるな」と思ったのは、
まだルールをそこまで細かく決めずに乗り打ちしていた頃、
私が大敗して先に帰ったことがあったのですが、
後日会った時に相方が「あれから出玉がのびてさ・・・」といって
3万円以上渡してくれたことがあったからです。

極端な話、勝った6万円を「あれから飲まれて俺も負けた」と言って
全て自分のものにすることだってできるわけです。

それをごまかさず3万円以上のお金を渡すことができる。
これで私は信頼しまして、ルールを決めて本格的に乗り打ちを楽しむようになりました。
ジョジョ画像

3万円ってけっこうなお金ですからね。
安い焼肉なら5~6回行ける金額ですよ。笑

さて、もうすでに乗り打ちをしているという方で、
こんな良い乗り打ちシステムがあるよーというのがあれば教えてくださいね。

乗り打ちとは違いますが、専業さんで打ち子を雇ってらっしゃる方なんかは
厳しくキッチリとしたシステムができあがっているのでしょうね。

乗り打ちのシステムに関してはもう少し掘り下げて、
そのうち書きたいと思います。

つづく

乗り打ち楽しいと思う人はワンプッシュお願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

    

前後の記事

次の記事: »

前の記事:«


Sponcored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

逆アクセスランキング

↓ポチっとブログ応援お願いします!↓

PVアクセスランキング にほんブログ村

このページの先頭へ

アクセスランキング