Sponcored Link

スロッター 勝利の立ち回り考察&指南18 稼働開始時間の違いによる勝率の変化

三国志画像

最近、衝撃的な事実が判明した。

スロット勝敗に関するデータだ。(個人的なもの)

パチンコやスロットは、
稼働をスタートする時間帯によって、
勝敗が変わるものだが、
ここまで顕著だとは・・・

今回は、
人によって変わるであろう、
稼働開始時間の違いによる勝率の変化
その話を・・・

いつも読んでいただきありがとうございます!
よければ下のプッシュボタンをワンプッシュいただけると
ブログの順位が上がってとっても嬉しいです!
応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
その事実とは・・・

【午後からスロット稼働をした場合は勝率9割】

【オープンから行った場合、午前中は8割負けている(午後取り返している)】

この2つが俺に当てはまった事実だ。

なぜこうなったかと言えば、理由は簡単。

・「俺の朝一の狙いがズレている」

・「午後はホールの状況(設定など)が見えてきて、
それに対応する動きができている」

・「午後はゾーンや天井狙いができる台が
でてくるため」

これらを踏まえると、道は二つ。

朝一の狙いの精度を上げることか、
必ず午後から稼働を開始することだ。

朝一は基本、2つの戦略を軸としている。

宵越し天井狙いと、設定狙いだ。

しかし、当然宵越し天井狙いをできる台は少なく、
あっても、当然ライバルも狙ってくるため、
奪取率は低めだ・・・・

そうなると、必然的に設定狙いとなってくるのだが、
そこが勝率を下げている一番の原因だと思う。

マイホは等価交換のため、当然基本設定は「1」。

さらに設定「6」を使うことはめったにないと
考えられるため、あっても設定4~5。

それを狙うことになるのだが、
あっても7~8台に1台だろう。
そこに設定「2」とか「3」とかが混ざってくる。

まぁ俺がいくら考えたところで、専業の方の
設定推測には遠く及ばないわけで、
多分かなりの確率で設定1~3に座ってるのだと思われる。

花京院画像

設定推測の精度が上げられないのであれば、
やはり、なるべく午後から稼働を開始するという選択になる。

要するに、その日のホールの設定や状況というのは、
その日その時間にならないとわからないわけで、
状況が見えてくる昼過ぎ、それも、
13時~14時頃に行くのがベストだ。

17時~18時でも良いのだが、
それだと、稼働時間が5~6時間しかないので、
本当に大きな上乗せを引いたり、
設定「6」を引いたりしたときに、
悔しい思いをする可能性もある。

もちろん出玉スピードの速いゴッドシリーズなどであれば、
3~4時間前からでも、勝負になる可能性はあるが、
それでも、「閉店取りきれず」ということを
考えると、控えたいものだ。

まとめると、

【午前(オープン)からの稼働=ホールの状況が見えていないため勝ちにくい】

【午後(13時ごろ)からの稼働=状況が見えてきて、時間もあるから勝ちやすい】

【午後(夕方以降)からの稼働=状況はよく見えるが、時間がないため台性能とヒキ次第】

ということになる。

勝率を上げたいなら、午後イチからの勝負がよさそうだ。

もちろん、午後イチで行っても、
勝てそうな台が全く空いてないこともある。

そんなときは適当な台に座らず、大人しく帰るか、
じっくりと待つことを忘れずに・・・(*´ω`)

ワンピース画像

ブログ応援ワンプッシュお願いします(#^^#)↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

    

前後の記事

次の記事: »

前の記事:«


Sponcored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

逆アクセスランキング

↓ポチっとブログ応援お願いします!↓

PVアクセスランキング にほんブログ村

このページの先頭へ

アクセスランキング