Sponcored Link

雑記17 たまには新宿で夜のパワーをもらう

新宿画像

「たまには新宿に来るべきだ」

久しぶりに新宿を訪れそう思った。

やはりパワーが違う、パワーが。

人の数の多さと活気から生まれるパワー。

様々な欲望が入り乱れるのだ!

新宿はやはりどこかアウターゾーンな雰囲気が漂う・・・

この世のモノではないような人がたまにウロウロしてるし・・・笑

アウターゾーン画像

↑漫画アウターゾーンの主人公
確か・・・ミザリィとかそんなような名前だった。
覚えてない。

今日見かけたのは南口を出て、すぐのところの
柱の前で棒立ちで首から看板をかけて詩集を売っている人。

特に明るく「私の詩集でーす、買ってくださーい!」とか
アピールするわけでもなく・・・ただ無言で売れるのを待つ。

南口のあの人の多い流れの中でアレをやるのは
すごい度胸だ。

動かない鳥として有名なハシビゴロウもびっくりだ。

ハシビゴロウ画像
ヤツは動かない

飛び込みの営業でもやったほうがよっぽど
向いてるんじゃないのか。

通りすぎる人達はほとんどが見てはいけないものをみてしまった感じで
ひたすらスルーで足早に去っていく。

まぁあれだけの人の流れがあるから、
数人は買ってくれるのかもしれない。

次に見たのは歌舞伎町一番街の入口付近で、
これまた立ち尽くす人。

お店の前に立っているのだが、お店のほうを見るわけでもなく、
お店とは平行に横を向いて直立不動・・・。

そして服装がわけがわからない。

なんとも形容のしようがないのだが、
とにかく普通の人の服装ではなく、
さらにホームレスなどでもない。

ただひたすらに立っているだけ、
顔はまっすぐで無表情だ。

どうやら新宿という世界有数の歓楽街は
人を棒立ちにさせる何かがあるようだ。

キャッチや客引きの姿はほとんど見なくなったが、
それでもどのお店も、通りも、人が溢れワイワイしている。

歩いているだけでも楽しい気分になる。

裏通りに入ると、小さな立ち飲みのお店やおでんのお店
が軒を連ね、これまたどこも満席だ。

入口には韓国か中国から来たと思われる
看板娘?の女性店員が笑顔で迎えいれようとしてくれる。

こういったところは新宿なのに
アットホームな感じだ。

ガード下を歩くと、人生を悟った仙人のような
ホームレスのおじいちゃんが寝床を作って寝ている。

こちらも行き交う人などどこ吹く風で、
豪快に寝る。

なぜか枕元にはピコピコハンマーが置いてあった。

ピコピコハンマー画像

多分これで暴漢から身を守るのだろう。

他にもジャニーズのうちわが置いてあった。

なかなかミーハーなおじいちゃんだ。

残念ながら、時間が比較的早かったせいか、
ホストやキャバ嬢の姿は見られなかったが、
久しぶりにアウター(アウト)でブラックな
それでいてパワフルな元気をもらった。

よし、これでまたスロットで万枚オーバー出せる!!

気がする。

また明日ね

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます!
よければ下の「すろにゃん」を1クリックしていただけると
ブログの順位が上がってとっても嬉しいです!
応援お願いします!
↓すろにゃんをクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓こっちのにゃんこもポチッと↓

人気ブログランキングへ

    

前後の記事

次の記事: »

前の記事:«


Sponcored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

逆アクセスランキング

↓ポチっとブログ応援お願いします!↓

PVアクセスランキング にほんブログ村

このページの先頭へ

アクセスランキング